2009.08.14

明日のコミケ~8月14日(金)O-01bジェンダーSF研究会

ご無沙汰しています。
明日のコミケに参加します。
なんと誕生席wwww

販売物は、2008年度SOG賞講評集です。どうぞお手にとって見てください。
2008年度SOG賞

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.11.23

カフェ・サイファイティーク リトル福井店

明日、カフェサイ出店で~す。福井県ではありません。
あ、白衣洗わないと。

眼鏡+理系+白衣 Cafe Scifi+tique
カフェ・サイファイティーク リトル福井店
http://kohou.scifitique.org/?eid=817208

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.22

やおいパネルディスカッション~2008年夏のBL(びーえる&べるりん)祭!

明日はもうSF大会! またしてもやおいパネルディスカッションです。
いやー、いままで、こんな企画やりつつ、BLに全然はまってなかった私です。
すみません。世界広いです。深いです。耽溺しています。毎日脳がお花畑です。幸せです。

反省の意味も込めて爆走したいと思います。ぜひお越しくださいませ。


第47回SF大会 DAICON7
http://www.daicon7.jp/jp/index.html

やおいパネルディスカッション~2008年夏のBL(びーえる&べるりん)祭!
17:00~18:30 会議室3(423)

出演者:野阿梓(SF作家)、福本直美(書評子)、菊池鈴々(BL愛好家)、小谷真理(SF評論家)、柏崎玲央奈(レビュアー)

 最近「やおいは世界改革、BLは脳内革命」を主張しているんですが、どうですか?(どうって言われても……) 昔オリジナルJuneと呼ばれていたこのジャンルは、いまもなお成長と進化を続けています。
 今回の「やおパネ」は書評子の福本直美さん、BL愛好家の菊池鈴々さん、SF評論家の小谷真理さんをお招きして、最近のBL界の様子を個人的趣味丸出しにてご紹介。
 さらに、本企画の常連パネリストでもあります野阿梓先生をお招きして、今年1月ついに出ました歴史改変BL(?)SF『伯林星列』について、いろいろうかがっちゃいます。
 題して、2008年夏のBL(びーえる&べるりん)祭! R-18(赤ちゃん可)で、ガンガン行きます!(文・柏崎玲央奈)

| | Comments (14) | TrackBack (0)

2008.05.05

今日はコミティアで白衣&眼鏡!

カフェ・サイファイティーク、コミティア内で開催です!
私もにょろ田にょろ子の名前でw、出ています。ぜひ遊びに来てください。
SF話、本業話、エロい話、いろいろ用意して待っていますwwww。
以下、コピペ

Cafe Scifi+Tique
2008/05/05(祝・月)コミティア84内イベントスペースにて開催
(東京ビッグサイト東4・5ホール)
11:00~16:00
カフェサイ公式 http://scifitique.org/
コミティア公式 http://www.comitia.co.jp/

料金:¥1000-/20分(入替制)
・フリードリンク(一部メニュー除く)
・カフェサイ特製ビーカーorカフェサイパンフレット付
・特製グッズ販売有
・ラストオーダー15:30(予定)

※上記料金とは別に、コミティア入場の際にイベントパンフレット(¥900-)全員購入必須となっております。ご了承下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.05.02

明日はSFセミナーです!

合宿企画2つやります。時間割はホームページをご参照ください。昼も午後ぐらいからうろうろしている予定。
天気が心配ですが、ぜひお越し下さいませ!

SFセミナー
http://www.sfseminar.org/

※合宿のみの参加はありません。
※当日参加も可能ですが、合宿は定員がありますので、ご注意ください。


2007年度 Sense of Gender賞討論会

 ジェンダーSF研究会です。2007年度のSense of Gender賞選考が始まりました。
 この合宿企画では、いま続々と集まっている候補作を討論をしたり、新たな候補作をあげていただいたりとジェンダーについての議論を楽しみたいと思います。
 候補条件は昨年2007年1月1日から12月31日までに発表されたジェンダーを考えさせてくれるSF関連作品、小説からイベントまでメディアは不問です。昨年は大賞に飛浩隆『ラギッド・ガール―廃園の天使2』(早川書房)が選ばれました。みなさまのご参加をお待ちしております。(文・柏崎玲央奈)


憑依する性(ジェンダー)~バーティミアスから仮面ライダー電王まで~
出演:小谷真理・柏崎玲央奈・鈴木とりこ

 大ヒットとなった「仮面ライダー電王」。ファンは皆「従来の特撮・ライダーの文脈で語るには、電王はちょっと例外」と言います。でも「例外」って、どこがどんなふうに?
 従来のライダーシリーズは改造人間の哀しみを背負っていました。「電王」の大きな特徴は「改造人間ではなく、憑依される」部分にあります。憑依するヴァーチャルな存在、イマジン。 これって実はジェンダーと大きくかかわりが……あるんじゃない(本当に?)
 憑依する/される関係性はなぜこうも私たちをひきつけるのでしょう。こういうのが面白いのってどうしてかな。ジェンダーSF研究会プレゼンツ・電王夜話。上映会も予定。ぜひおいで下さい。(文・鈴木とりこ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.04.18

解説書きました!

ひさしぶりに更新。そしてひさしぶりにお仕事情報。
『ARIEL 3』に解説を書かせていただきました。

夏色の表紙が素敵! ぜひ店頭でお手にとり、お買い求めください~。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.29

ソレがなくっちゃ生きていけない!

リンクに新たに加わっているこれは、BL系の紹介をする新しいblogです。miraikoblogプリンセスサイドw。
もう、どっぷりですねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2007.12.30

告白

電王にはまる
 ↓
ニコ動で電王MADをあさる
 ↓
電王画像に遊佐浩二さんの某CDボイスをかぶせたMADを見る
 ↓
ズキュウウゥン
 ↓
BLCD、ゲーム、小説を買いあさる
 ↓
御堂は俺の嫁←いまここ

ほんと御堂@鬼畜眼鏡は初めて攻略したときから他人の気がしないって、二次元相手に何言ってるんだ。君が私をこんな風におかしくさせたんだ。責任をとれ!


……というわけで、この年になってBL道に堕ちてしまいました。

「やおいが王道、BLなんて所詮邪道」
「あんな絵で萌えられるかい!」
「男性同士の恋愛から、いずれ男女の恋愛にいく」

そんな風に思っていた時期が私にもありました。
甘かった。しみじみ甘かった。はまって一ヶ月。もう手放せん。この世界から抜け出すのはたぶん不可能。

SFに戻ってこられるかしら~ヽ(*´ー`)ノ(←戻る気あるのかっ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«ワールドコンの企画